【連載講和】所長 内野和顕『水分補給が重要です』


『水分補給が重要です』

私たちのからだの約60%は水からできています。ところが、からだの水分は汗や尿などとして刻々失われているので、常に水分の補給が必要です。
1日にどのくらいの水分補給が必要なのでしょうか?まず身体から出てゆく水分量を計算してみましょう。からだの水分は「尿」、「不感蒸泄」、「便」、「汗」として失われます。「尿」の量は条件により変動しますが、健康な人は少なくとも1,000mlの尿を毎日排出します。「不感蒸泄」とは呼吸により肺から放出される水分です。冬になると話している人の息が白く見えるのがこれです。一日の不感蒸泄量は300mlです。「便」からも100ml程度の水分が失われます。「汗」の量は季節や身体の状態で大きく違ってきます。汗をかいていないと感じる状態でも1日約800mlの発汗があります。夏には条件により1,500ml〜3,000ml程度の汗が出ます。病気で高熱が続いても約3,000mlの発汗が起こります。すなわち一日に失う水分量は健康な方では冬では約2,500ml、夏では3,000ml〜4,500ml程度となり、高熱の続く患者さんの水分喪失量も3,000ml〜4,500ml程度と推定されます。
失われた水分は必ず補う必要があります。食事には約1,000mlの水分が含まれており、また食物が体内で分解される過程で代謝水とよばれる水が約300ml生まれますので、食事がとれれば約1,300mlの水分が補給されることになります。補給が必要な水分の残量は1,200ml〜3,200ml程度ですから、少なくともペットボトル2〜3本の水分補給が必要です。水分が補給されないと脱水症になり、身体が干上がり、この状態が続くと意識が低下し、命まで危うくなるのです。くれぐれも水分補給をお忘れなく!